飢えた上司は笑顔を見せない
「食欲」のことが好きな人もいれば、嫌いな人もいるだろう。無関心な人も。あなたにとって、「船乗り」って、どう?
ホームボタン

凍えそうな木曜の朝はカクテルを

仕事終わりの暇つぶしに、ポーラ美術館に入ってから、あの静けさに虜にされている。
思ってもいなかったのは、単独でゆっくり観賞しに来ている方もいたこと。
なのでわたしも、誰かと一緒じゃなくてもいけるし、誰か興味がある人に行くこともある。
江戸博は、企画展示がすごくそれからは私も、誰かと一緒じゃなくてもいけるし、誰か誘って行くこともある。
江戸東京博物館は、期間限定の展示が非常に横須賀美術館は、大好きな谷内六郎の作品の展示がたくさん。
どんな方かと言ったら、あの週刊誌、新潮の表紙を描いた作家だ。
他にも、日光にある、竹久夢二の美術館で、凄い量の絵葉書を買った思い出も。
そんな感じで、美術には常に幸せな空間を楽しませてもらっている。

風の強い土曜の午後は読書を
御盆が間近になって、「とうろう」などの催し物が近郊で行われている。
近郊の観光施設では、竹や和紙で作成されたとうろうが据えられていた。
近所の観光施設では、暗くなってからは電気のライトはついてなくて、とうろうの照明だけというのは、めっちゃ眩しかった。
竹や木に囲まれてキャンドルが輝いていて、やさしい灯りになっていた。
マイルドな灯りが周囲の木々を照射していてたいそう素敵だった。

どしゃ降りの週末の昼は熱燗を

南九州のお歳をめしたの人は、日ごとに、弔花を霊前にやっているから、ゆえに、生花がふんだんに必要で、花の生産農家も多い。
深夜、車で走っていると、菊の為のの光がいつも深夜、車で走っていると、菊の為のの光がいつも目につく。
住まいの光はすごく少ないへんぴな所なのに、しかし、菊の為の光源はちょいちょい目撃する。
電照菊光は頻繁に視野にはいってきても人の行き来はものすごくちょっとで街灯の明かりもとてもほんの少しで、危ないので、高校生など、駅まで送ってもらっている学生ばかりだ。

そよ風の吹く平日の昼にシャワーを
ここ最近、子が外で楽しまない。
蒸し暑いからだろうか、家の中で遊べるものがたいそう楽しいからか。
少し前までは、めっちゃ公園に出かけたがっていたのに、今は、ほんの少しでも行きたがらない。
まあ、男親から見て、まったくもって困ることもないので、気にしてはいないがのだけれど母としてはほんの少しでも困っている。
けれど、蒸し暑い場所でいさせるのも熱中症が不安だ。

ノリノリで叫ぶあの子と横殴りの雪

さやかちゃんは一見おっとりしているように見えるけれど、活発な女友達。
夫と、3歳の賢治の、3人でミスドの向かいのアパートに住んでいる。
パートも子育てもしっかりこなして、多忙だけど、時間の使い方は得意。
少しでも時間があれば、今日暇?と絶対電話をくれる。
私は結構頻繁にホットケーキを買って、さやかちゃんのお宅におじゃまする。

騒がしく話す母さんと失くしたストラップ
友人の自宅のベランダで育てられているミニトマトは、気の毒な運命なのかもしれない。
枯れる直前まで水をあげなかったり、なんとなくリンゴジュースをあげてみたり、野菜ジュースを与えたり。
泥酔の私たちに、日本酒を与えられたこともあり。
トマトの親である友達は、次回ぜひトマトジュースを飲ませたいらしい。
私たちの中でミニトマトの意思は全く関係ない。

気持ち良さそうに踊る姉ちゃんと暑い日差し

本日の晩御飯は家族と外で食べる事になっているので、少年は昨日からすごく楽しみにしていた。
何を注文しよう、と出発前からいろいろと想像していた。
カレーやハンバーグ、カツ丼にねぎとろ丼、などなど、メニュー一覧には何があるのかとても楽しみでもあった。
今回はこの前できたばっかりのファミリーレストランだ。
お父さんの運転する車は、もうすぐお店に着く頃だ。
お母さんは助手席でお父さんとお喋りしている。
お姉ちゃんは少年の隣で、ケータイでメールを打っている。
少年は車のドアを閉めると、ドキドキしながら店の入り口を開けて皆が来るのを待った。

暑い大安の夕暮れに窓から
私は、アレルギーで、ファンデは全く使用してはいけないし、乳液も使用できない物が多い。
従って、野菜やサプリの力に任せているが、最近口にしているのがゼラチンだ。
ジュースに入れて、日々飲んでいるけれど、多少は肌がつややかになった。
その上、飲むようになってから調子が良くなるまで即効性があったので、感動した。

自信を持ってお喋りする父さんと暑い日差し

ひえしょうになってからは、少しばかりハードだけれど、やはり寒い時期がマストだ。
家の外が乾燥しているので、カラリとした香り、さらに暖房器具の温もり。
寒さの中の太陽ってリッチな気になるし、一眼レフを持って行った、冬の朝の浜辺も綺麗。
季節を撮りたかったら、良いカメラもOKだけれどトイカメラで気持ちよくシャッターを押しまくるのがそこそこ良い感じの写真が見つかる。

汗をたらして体操する友達と飛行機雲
久しく行ってなかった外での仕事の日、初めて業務で一緒に過ごしたAさんは、体格のいい大先輩だ。
入社時に会った時から近寄りがたく、業務以外のお話は少しもできなかった。
前回、ふとAさんの半袖になったがっしりとした腕を拝見してかなりびっくりした!
大きめの天然石のアクセが何連も目に入ったため。
ついつい、パワーストーン大好きなんですね!と話しかけてしまった。ほど。
するとAさんは得意げに、なおかつ可愛い顔で、種類別のストーンの由来紹介してくれた。

▲ Page Top

Copyright (C) 2015 飢えた上司は笑顔を見せない All Rights Reserved.