飢えた上司は笑顔を見せない
たとえば、何も知らないエイリアンに「学者」を説明するなら、どんなふうに言う?「おばさん」の性質とか、ううん、まず地球や日本についての説明から始めるのかな。
ホームボタン

汗をたらして口笛を吹く友達と僕

一眼レフも、もちろん楽しいと思うけれど、また極め付けと言うくらい好きなのがトイカメラだ。
3000円あればシンプルな物が気軽に所有できるし、SDカードがあるならばパソコンですぐ再現できる。
真実味や、奇跡の瞬間をシャッターに収めたいなら、充実した性能のカメラが向いていると、思う。
けれども、流れている空気感や季節の感覚を撮りたいときには、トイカメラには他の何にも負けないと感じる。

どんよりした週末の深夜に昔を懐かしむ
興味はほとんどなかったけれど、運動もちょっとはやらなくてはと此の程思う。
働く内容が変化したからか、このごろ、体を使った仕事がとっても減り、体脂肪がすごく上がった。
そして、年もあるかもしれないが、腹に脂肪がついていて、すごく恥ずかしい。
わずかでも、気をつけないとひどくなる。

夢中で大声を出す彼と私

江國香織さんの小説に出てくる女性は、陰と陽を持ち合わせていると思う。
旦那意外との恋愛を肯定化する。
遊びと、運命的に好きなのは旦那さんだけのたった一人。
という女性がよく登場するような気がしませんか。
不倫を陰だとすれば、結婚生活は陽。
ふと、別の自分が入ったように陰が登場する。
旦那意外との恋愛に関する価値観はシカトして、そのストーリーの女性を凝視する。
私の中に新しい恋愛に対する考え方や価値観が姿を見せることもありえる。

寒い祝日の晩は昔を懐かしむ
布団に入ってそれでも、眠りに入れないときに、借りてきたDVDを集中して見るのが楽しみ。
昨日の夜観賞したDVDは、エスターというタイトルのアメリカの作品だ。
ヒロインの、エスターは、頭が良いけれどかなり個性的な9歳の少女。
エンドに予想もつかない結果があなたを待っている。
これを見る半ばで、エンドが分かる人がいるだろうか疑問なくらい意外な事実。
まさに、ドキドキとするわけでもなく、ただただゾッとするような結果だった。
DVDは、毎回の私の深夜の時間を満足させてくれる。
だけど、だいたいアルコールも常に一緒なので、体重が増加するのが恐ろしい。

雨が降る祝日の日没にゆっくりと

「富士には月見草がよく似合う」との名セリフを書いたのは作家の太宰だ。
彼は、バスに乗り、御坂峠を通り、今の甲府まで向かうところだった。
そこで偶然にも一緒に乗ったお婆ちゃんが「月見草」とつぶやく。
その一声で、振り返った彼の目に入ったのが月見草、そして大きな裾野をもつ富士山だった。
富岳百景のこの話は、日本一の名山を理解するときに欠かせないと思う。
たくさんの芸術に登場する、3776mの名山だ。
どの方面から見ても同じように、綺麗な形をしているために、八面玲瓏という言葉が似合うと伝えられる。
間違いないと思う。
私が感動したのは、春の季節の名峰富士だ。

のめり込んでお喋りする父さんと失くしたストラップ
夕方、時間に余裕が出来たので、HMVに足を運んだ。
新規でmp3playerに挿入する音楽を探すため。
現在進行形で、かなり聞いたのが西野カナさん。
だいたい習慣になっているのが洋楽。
ヨーロッパの音楽もかっこいいなーと近頃思う。
なので、今回借りたのは、アリゼだ。
甘い声とフランス語の発音が良い感じだと思う。

よく晴れた大安の朝に焼酎を

寝る前に、アサヒビールを一人で飲むのが楽しみになっているけれど、最近、その後にワインを飲んでしまう。
もちろん、その後に接待のような仕事をしないときに限るけれど。
実家を出ていた時に、家の近くでちょっといい感じの酒屋を発見して、父の日のために購入したことがある。
私は少々見栄っ張りなので、「1万円くらいの高級ワインを探しています」などと話して。
家族に贈った、ワインが一万円することをついつい伝えると、父は気まずそうに「・・・うん、何かが違う」と言ってくれた。
他には何もいう事は、ないようだった。
そのことから、あまりワインの値段にはこだわらなくなった。
あー幸せだと思える時間の友だったら、値段や質にはこだわらないと決めた。

のめり込んでダンスする妹とぬるいビール
何故か今頃任天堂DSに夢中になっている。
はじめは、TOEIC対策にもっと英語漬けやターゲットのソフトを買っていただけだった。
だけど、ヨドバシでソフトを選んでいたら英語関係以外も気になってしまい、気に入るとすぐに買ってしまう。
トモダチコレクションやクロスワード、どうぶつの森などなど。
旅行に役立つ、旅の指さし会話帳も出ている。
例えば、電車内などのちょっとの時間にも活用できそうだ。

前のめりで走る母さんと擦り切れたミサンガ

夏にあったことを特にしていないが、仲のいい人と週末、コテージを借りバーベキューをやる。
毎年のお決まりだが、たまには、息抜きになる。
男手が二人なので、とってもたくさん準備をしないとな。
特に、火起こしが、女性だと不得意な人がけっこういるので、してあげないと。
なのだけれどきっと全員でワインをがぶがぶ飲むその時は、ワインをほどほどにするように気をつけよう。

風の無い週末の晩は散歩を
少年は夜中の3時に眠りから覚めてしまった。
夏休みが始まって一週間程度経った夏のことだった。
暑さと湿気で寝苦しく、目が覚めてしまったのだ。
扇風機は生暖かい風を送るばかりで、全然涼しいとは思えない。

暑くて眠れないし、お腹も空いたので、少年はカレーを作る事にした。
冷蔵庫の中を確認し、肉と野菜を切って、炒めたり煮込んだりした。
夜が明けるころには、台所からは、スパイシーなカレーの匂いがしてきた。

▲ Page Top

Copyright (C) 2015 飢えた上司は笑顔を見せない All Rights Reserved.